タイ料理の食材、レシピはアジアフーズタイの味

サイト内検索

 

  アジアを旅行していて助かるのは、麺の屋台がいたるところにあるおかげでとりあえず食事には困らないことですね。ちょっと小腹がすいたときなんかに気軽に食べられますからね。そもそも私がタイ料理にはまったのも、初めて行ったバンコクで食べたバーミーナムの異常なまでのおいしさを知ってしまったからなんです。

バミー(小麦粉の中華麺)

  みなさんご存知のように、タイの麺はすごく種類が多くて分類するのも大変なのですが、大雑把に分けるとその原料から「米の麺」と「小麦粉の麺」の二種類に分けられます。そしてそれぞれタイ語で「クイティアオ」(米の麺)と「バミー」(小麦粉の麺)と呼びます。ちなみに日本語の「麺」という言葉のように全部の種類を総称する言葉はないように思います。

  さらに「クイティアオ」は下記の四種類に分けられます。
  1. センヤイ:米粉を溶いて蒸したものを1〜3cm幅に切った生麺。
  2. センレック:幅2〜4mmぐらいに切って乾燥させた乾麺。
  3. センミー:ビーフンのこと。切らずに生地を押し出して作る極細の乾麺。
  4. カノムチーン:生のビーフン

  そして上記の麺それぞれをさらに調理法によって分類できます。
  a. 汁そば(ナーム):ゆでた麺に汁を注いだもの。
  b. 和えそば(ヘン):ゆでた麺とナンプラーやニンニク油などを和えて食べる。
  c. 炒めそば(パッタイ):いわゆるヤキソバ。
  d. 揚げそば:いわゆるカタヤキソバ。
  e. カノムチーン:カノムチーンと辛い汁を和えて、さらい生野菜や香草を混ぜて食べる。

  以上の麺と調理法、それに具をいろいろと組み合わせることによって、自分好みの麺を注文するわけです。たとえば「センレック ナーム ヌア」(牛肉が具のセンレック汁そば)といった感じです。まあ、屋台のおばさんにお任せでお得意の種類の麺を出してくれますけど。あとはクルワンポン(卓上調味料セット)でさらに自分好みの味に仕上げて食べるわけです。

  それと日本人は麺類を食べるときすすってずるずると音をたてて食べますが、タイでは音をたてるのはあまり上品な食べ方ではないので、箸とレンゲを使って上手に静かに食べて下さい。とはいってもやはり麺をレンゲにのせて食べても、いまいちおいしく感じないんですよね。まあ、タイの麺はそれをおぎなってもあまりあるおいしさを持っていますけど、やっぱりすすって食べたいですね。

← 前の話題
次の話題 →
タイ料理レシピ、タイ食材はアジアフーズタイの味 All Rights Reserved.

バナー広告募集 - リンク集 - 問い合わせ