タイ料理の食材、レシピはアジアフーズタイの味

サイト内検索

『トムヤムクン』にすばらしい薬効!!

 

トムヤムクンがん抑制に効果あり (平成12年12月18日読売新聞朝刊より全文引用)

京大教授ら研究 香味野菜に有効成分 【バンコク17日=長谷川聖治】
タイを代表する料理の一つ、辛いエビ入りスープ『トムヤムクン』に極めて高い抗がん作用のあることが京都大、近畿大、タイのカセサート大学の十七日までの研究で分かった。
研究者は同スープに使われる生薬には、これまで知られているベータカロチン、ビタミンCより抗がん作用の高い物質が含まれており、がん予防に有効な料理としている。
京都大農学部の大東肇教授(食品生命科学)らは、タイの消化器系のがん発生率が、日本をはじめ他のアジアや欧米諸国に比べて半数以下であることに着目。
タイ人が料理などに多用する香辛料やハーブなど百十二種類の食材について、体内の過酸化を抑制する効酸化作用や、がん細胞を抑制する作用などについて調べた。
その結果、トムヤムクンの独特の味、風味を演出するのに欠かせない香味野菜のナンキョウ(タイショウガ)、レモングラス、カフィライム(コブミカン)の葉に著しい抗がん作用があることを発見した。
ナンキョウ、カフィライムの葉は生薬としても使われ、ベータカロチンンの数十倍から百倍の効酸化作用がある。
またレモングラスも消化器系がんを引き起こす細菌などの殺傷能力が高いことを確認した。
研究チームのカセサート大学のスラワディ博士は『さらに研究が必要だが、これらの成分は比較的少ない量でもがん抑制効果のあることも分かっており、他のビタミンも豊富なトムヤムクンはとても健康的な料理と言える』と話している。

『トムヤムクン』意外な効用 (平成12年12月18日朝日新聞朝刊より全文引用)

がん予防、ラット実験で確認! 【バンコク17日=共同】
タイ伝統料理のえび入りスープ『トムヤムクン』にがん予防効果があることが、タイのカセサート大や京都大、近畿大の共同研究で17日までに分かった。
共同研究グループは、タイ人のがんの罹患(りかん)率が日本人や欧米人に比較して約半分であることから、タイの伝統食材に着目。
トムヤムクンなどタイ料理に使われるタイショウガやコブミカンの葉の成分が、皮膚や消化器官ののがんを予防する効果があることを動物実験で突き止めた。
研究グループの大東肇京大農学部教授(食品生命科学)によると、発がん性物質を与えたラットに、タイショウガなどから抽出した化合物を長期間与えたところ、がんの抑制効果が確認された。
試験管レベルの実験では、がん予防効果があるとされるベータカロチンやビタミンCよりも高い効果があった。

※ 新聞記事中で『ナンキョウ(タイショウガ)』という名前で出てくるものは、タイ語では『カー』、英語では『galangal (ガランガル)』と呼ばれるショウガ科の香辛料のことです。

タイ料理レシピ、タイ食材はアジアフーズタイの味 All Rights Reserved.

バナー広告募集 - リンク集 - 問い合わせ